2011年07月23日

韓国崩壊、この夏第1波が来る

 韓国との絶縁運動はこの1-2年が勝負と考えていたんですが、この夏にも第1波の位相が合いそうな気配が出てきました。こういう書き方をすると何だかオカルト染みていると思われるかも知れませんが、そもそも韓国はあらゆる面で問題を抱えているので、それらが同時に発覚し日本人が韓国という国の正体を強く心に刻むことが重要です。

 先ず、先日の大韓航空による竹島デモフライトについて様々な噂が流れています。ガセっぽい部分も多いですが一部が真実だとしてもかなり大変な問題です。そして来月予定されている自民党議員の鬱陵島訪問。韓国政府が反発しているのはあまり韓国国民の世論を刺激して欲しくないというのもあるでしょうが、鬱陵島の近くにある竹嶼と呼ばれる小島を韓国が竹島と混同していた(摺り替えていた)という認識が広まるのを防ぎたいからだという話もあります。また、つい先日韓国政府が竹島周辺のメタンハイドレートに目を付けているということが話題になってました。本来韓国政府にとって竹島の問題は静かに言い訳を考えるのが正しい姿勢である筈なんですが、韓国では省庁内でも真実を前提に話し合うことが出来ないため政府も統制がとれないという問題があるようです。こうやって欲に目が眩んでやってはいけない行動に出てくれれば日本にとっては好都合です。

 そして震災で中断していた菅首相の献金問題の追及再開と、新たに出てきた市民の党への献金問題。これは産経新聞以外は殆ど報じていませんがネット上ではかなり話題になっているという状態で影響は未知数です。北朝鮮も韓国も菅内閣には見切りをつけているようですが、市民の党については党ぐるみの事件なので民主党全体と南北朝鮮との関係に対する日本人の反応を両国は懸念していると思います。

 脱線ですが、ネットでニュースを見ている人は必ず産経新聞の記事もチェックするようにして下さい。新聞社のスタンスや論調の好き嫌いの問題ではなく、今や政治報道に関しては他の新聞・TVは全く機能していません。民主党の不人気が確定して以降のことなのか、トップページから政治のカテゴリーを削除した新聞社もあるようです。産経の記事はTweet数が表示されますから是非Tweetして下さい。

 最近になって世界中のメーカーによる特許訴訟攻勢が始まりましたが、韓国のIT産業はそれ以前に急失速を起こしています。韓国企業の「ビジネスモデル」、個人的には「犯行手口」と呼ぶほうが適当だと思ってますが、これが通用しなくなり今後お金を稼げる見込みもなくこれまでの支払いだけが溜まっているという状況です。個々の製品も次々と問題を起こしており、アップル騒動の影響もあってこの夏辺りから韓国メーカーに向けられる世界の目は加速度的に厳しくなっていくでしょう。

 平昌オリンピックの誘致成功も韓国にとってマイナスでした。世界中で韓国スポーツ界の買収・八百長体質が語られ始めています。世界はやがて韓国の産業界・スポーツ界・芸能界の問題を結び付けて考えるようになる筈です。韓国に対しては日本人だけが不自然に評価が甘いので、そうした世界の評価が否応なく日本にも押し寄せて日本人の認識を正してくれることを願っています。

 韓国人は開戦日に因んで朝鮮戦争を6.25戦争と呼ぶことが多いですが、去る6月25日に偶然にもこの戦争と縁の深い「護国の橋」が流されました。韓国人は合理性が乏しく迷信深いですから、この夏更にいくつかの事件・事故が続けば国内に動揺が広がる可能性もあると思います。

 心なしか猟奇的な事件も増えているような気がします。元々犯罪率の高い国ですが、ここ数年韓国全体が背伸びをし過ぎた結果社会のいろんな部分にストレスが蓄積しているような印象もあります。経済崩壊が見えてくれば更に犯罪は増えるでしょう。それを望んでいるわけではありませんが、この機に日本人は韓国人が異常な事件を桁違いの割合で起こす人々であるということを知るべきです。この夏は口蹄疫滲出水の問題もあり、韓国に対しては次第にグロテスクなイメージが形成されていくのではないかと思います。そうした韓国のイメージを民主党と重ね合わせて語りたいものです。そのグロテスクな国を逃れて来た人々による政党ですから、実際内部はかなりの部分同質な筈です。

 随分とまとまりのない文章になりましたが、これ以外にも最近の傾向としてTVの視聴率の急激な低下やネット工作員が浮き足立ってきていること等が挙げられます。日本人は長年に亘るメディアの洗脳から目覚めて韓国と朝鮮系政治家に対して正しいイメージを持ち、それを選挙で発揮する必要があります。外国からやって来たテロリストが総理になるなどという馬鹿げた話はメディアの協力なくしてはあり得ないことです。また、日本のあらゆる企業のあらゆる職場が韓国の経済には未来がないことを認識し、韓国との関係を早期に排除し、それによって彼らの政界への影響力も弱め、日本の経済全体が韓国から不当に被っている不利益から脱するべきです。


 韓国では多くの日本人観光客犯罪被害に遭っていますが日本では報道されません。被害者が届け出ないケースも多い筈です。これについては口コミ等で拡散して行くしかありません。身近な人に、あるいはネットで韓国旅行の危険性を語って下さい。バナークリックにもご協力をお願いします↓
人気ブログランキングへ


posted by CanUCem at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | About | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

「新たな100年」など無い

63907-Japan_Earthquake_TOK811.jpg
 これは時々繰り返しておきたいのですが、日本と韓国の絶縁運動はあと1-2年が勝負です。次回の韓国の経済破綻で日本はもう通常の支援は出来ませんから、その時韓国は予想の斜め上の暴れ方をする可能性があります。それまでに、なるべく多くの日本人に韓国が本当はどういう国かを知っておいてもらいたいんです。

 「復興そっちのけで韓国に媚びている政治家を次の選挙で落選させれば良い」と言う人もいますが、その前に何故次の選挙で負けるのかを彼らに理解してもらう必要があります。以前も書いたように韓国ベッタリのメディアの働きもあって彼らは選挙の敗因を正しく分析出来ませんし、そもそも韓国の破綻までに選挙があるかどうかも分かりません。

 「嫌いなものから静かに引いて行く」という日本人特有の行動はもう始まっており、今更韓流ゴリ押しを止めても手遅れです。また、私のように韓国について自分で調べ始めて完全に切れてしまう人も増えています。この流れを加速させ、そしてそれが投票行動に結び付くという認識を広める必要があります。

 私自身も勿論こうやってブログを書くことが最良の方法とは考えておりません。良い知恵が浮かんだら別の行動を起こそうと思っています。


人気ブログランキングへ

 韓国では多くの日本人観光客犯罪被害に遭っていますが日本では報道されません。被害者が日本人だと分かると韓国の警察は話もきいてくれないケースもあるようです。身近な人が韓国旅行を計画していたら是非警告してあげて下さい。


posted by CanUCem at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | About | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

犯罪と疫病の国・韓国旅行の危険性

 旅行カテゴリーでブログランキングに参加しました。

 韓国では多くの日本人観光客が犯罪被害に遭っていますが、御承知の通りの事情で日本では報道されません。日本人だと分かると韓国の警察は取り合わず、事件にされない場合もあるようです。また食中毒のリスクも高く、発症には至らなくてもかなり不衛生な食品を食べさせられているケースは多い筈です。

 韓国への旅行客を一人でも減らし、代わりに国内旅行や治安・衛生面で安全な他の地域への旅行を検討してもらいたいと考えています。韓国には観光に値する遺跡など殆どありません。グルメという言葉とも無縁な国です。韓国旅行の漸減に御賛同頂ける方はクリックで御協力お願い致します。

人気ブログランキングへ


posted by CanUCem at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | About | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

F5よりやや高度な兵器

2010-12-22-16-54-06-4-korea-us-made-f-5-fighter-plane-collided-in-the-a.jpeg
 韓国の問題点を紹介しているサイトは既に沢山あります。最終的に必要なのは、そうしたサイトで得た情報をネット上のあらゆる話題の中で絶えず広め続けることです。

 リアルの会話ではなかなか実行し難いことですが、韓国の場合はネット上の情報拡散だけでもかなりの効果があります。何しろ全てと思えるジャンルで破裂しそうな程無理をしている国なので、裂け目が生じれば一気に問題が流れ出て来てこれに接した人は連鎖反応的に見つかる諸問題を関連付けて考え始めます。自分自身の体験から言っても、きっかけを与えてもらって調べ始めたらあれもこれもという感じで一気に韓国についての考えが変わりました。放火が国技と言われている韓国ですが、韓国自体がネットで延焼し易い構造になっているとも言えます。韓国人がF5アタックに懸ける情熱の数分の一でも日本人がこうした情報拡散活動に振り向ければ、先ずは食品や伝染病等生活の安全の確保から今後も続く筈の経済・政治的損失の軽減につながります。

 これまでも韓国との関わりについて警鐘を鳴らして来た人は大勢いたのに今更ネットで呼びかけても何も変わらないだろうと思われるかも知れませんが、やがて世界的な流れが起きて日本の既存メディアだけがそれから目を背けているという状況が訪れるのではないかと考えています。国内でも強引な韓国上げに対する不審が募っており下地は整って来ている筈です。第一、韓国の経済が2012年を無事に乗り切ることはあり得ません。その時韓国は嫌でも注目を浴びることになります。脱・韓国は今年から来年にかけてが正念場です。

 韓国に対する全面的な警戒感は、必ず韓国に便宜を図る政治家に対する不信に結び付きます。震災の被災者そっちのけで韓国のための法案を通すことしか考えないような政治家を排除するには、韓国が北朝鮮同様異常な国であることをなるべく多くの日本人に伝え、日本にたかり続けることによって破綻後の韓国が復興することは不可能だと韓国人に認識してもらうことが重要です。
posted by CanUCem at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | About | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

このブログの目的

fukushima_Reactor2-after_explosions.jpg

 長年韓国ウォッチを続けている人々はこの国の出鱈目さを知らない日本人がいるのかと思われるかも知れませんが、一年前の自分のことを考えるとまだまだ気付いていない人は沢山いると思います。

 あまりTVを観ないし周囲に韓流にはまっている人もいないので韓国プッシュの鬱陶しさを感じずに過ごして来たのですが、恐らくサムスンの快進撃に関する報道に不審を感じなければ未だに何も知らずにいたでしょう。気付いていないのは必ずしも「TVしか観ない情弱」ばかりではなく、だからこそネットで情報を広げられる余地はまだかなり残っていると考えています。

 韓国の実態が日本であまり知られていない理由としては、北朝鮮の異常性が体制の問題だと錯覚されていること、そもそも十年位前まで韓国という国に殆ど存在感がなかったことが大きいように感じます。また、新聞やTVはかなり以前から在日枠というある種の縁故採用に侵食されており、勿論最近のようなお金をかけた積極的なPRは出来ませんが日本を悪者にすることなどによって半島の問題を隠すという消極的な役割は果たせて来たようです。

 ネットに関しては、自分の体験から言うと韓国については否定的な意見を述べている人が殆どの場合正しいということを理解するまでにある程度時間がかかりました。問題が多岐に亘りそれぞれが極めて非常識な内容を含んでいると、真実を語る人がいてもなかなかその全体像が多くの人には伝わりません。

 元来日本人があまりネガティブなことでは盛り上がらない(少なくとも半島の人々と比べて)ことも韓国の本当の姿が広く知られない原因の一つだと思います。韓国の実像を暴いているサイトは数多くありますが、サイト数だけではなくサイトの印象や語り口の種類が増えることが望ましい気がします。本当に腹の立つ国ですが、怒っているような口調の人・たとえ真実であろうと何かに対して否定的な活動をしている人には近づきたがらない日本人は多いです。

 このブログについてですが、私自身は韓国について独自の情報を持っているわけではないし多くの人に読んでもらえるような文章も書けそうにありません。現在のところはここ数ヶ月韓国ウォッチしてみてあまり見受けられなかった着眼点を中心に書いているだけという状況です。

 震災からの復興のためにも、来るべき中国との対決のためにも、先ず韓国との絶縁が絶対に必要と思います。多くの日本人が政治・経済から食品の衛生に至るまで広いジャンルで韓国に強い警戒感を持ち、それが政治に反映されることを望んでいます。韓国の社会はやがて崩壊し、場合によっては五十年前に戻るでしょう。彼らはそれが自分達の実力だと理解しようとはせず、日本の政治が韓国に絡め取られたままであれば「復興」のために日本に莫大な要求をして来る筈です。

 また、その時日本のメディアは報じないかもしれませんが韓国がどういう国かは間もなく全世界が知ることになります。これと同時に、日本の政治がこの国によってどれほど混乱させられてきたかを何とかして世界の人々に知ってもらいたいです。半島から来た政治家がやったことに対する世界からの不信を引きずっていては日本の復活はないと思えます。
posted by CanUCem at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | About | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。